ホームページへ戻る←※ブログからの方専用。HPご覧の方はTOPボタンでお願いします。
小話 - Sentence

Sentence

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback: -- | comment: -- | edit

【ECO二次創作】サクリファイス~フェンサー系の憂鬱~【番外編】 

ダウンタウンの一角に一人佇むジョーカーのお兄さん。
ある日、何を間違えたのかジョーカーアートを発動し、戦闘不能になってしまった。

やべぇ、かっこよくHP1残してノービスの宣伝しようと思ったのに……。
そう思いながら通り過ぎていく人を眺める。

誰一人蘇生してくれない中、ひとりのガーディアンがそのお兄さんの視線に気付いて近寄って来た。

「お兄さん、戦闘不能?」
「見ればわかるだろ! 戦闘不能だよ!」
「しかたないにゃぁ……サクリファイスで起こしてあげるよ」
「おう、ありがたい」

ガーディアンがリヴァイブからサクリファイスを唱える、が!

「あ、失敗した」
「ちょ、ま! 俺、リザポ持ってねぇよ?」

お兄さんだけにリザがかかり、横たわるガーディアン。
それを見ていたナイトが近寄り、更にエキスパート50まで育ったダークストーカーもやって来た。

倒れたフェンサー系に新たなフェンサー系がサクリファイスをかけていくという、謎のサクリファイスリレー。
やがてリザがかかった戦闘不能の者たちの山が築かれた。

リザがかかっているのだから立ち上がればいいのに、彼らは何故か起き上がらない。
最後にサクリファイスを使ったフェンサー系が成功するまでこのリレーは断ち切らないとでも言うのだろうか。


そこに一人、近寄るものがいた。
ザークシーズ、彼もまたガーディアンの一人である。

築かれたリザ済み戦闘不能のフェンサー系の仲間たちの中に一人、リザがかかっていない者を発見し彼は冷静にリヴァイブを唱え、サクリファイスを使った。

ザークシーズの体から光の塊が抜け落ち、倒れこんだようにみんなの目には写った。
また、失敗してしまうのか? これだけたくさんのフェンサー系の皆が失敗したこのスキルだ、失敗しても仕方がない……だが、成功して欲しい……!
全員が固唾を呑んで見守った。

パタリ。

倒れたザークシーズの体は紫色に染まり、リザがかかっていた。

「成功だ!」
「やった!」
「うぉおおおお!! めでたい!!」

フェンサー系のみんなが一斉に立ち上がり、ザークシーズをたたえて胴上げを始めた。
それをジョーカーのお兄さんがポカンとした表情で眺めていたのは言うまでもない。

「職業って怖い。やっぱ俺無職で良かったわ……うん」
スポンサーサイト

【ECO二次創作】ドミニオン界の出来事【サイドストーリー(過去編)】 

【登場人物】
ガーヴィン
琥夏
悠瀬
ルフィアン
-- 続きを読む --

【ECO二次創作】ジン君とカナト君がカロンの家やって来た!【サイドストーリー】 

【登場人物】
カロン(ガーヴィン)
ジン
カナト
(↑名前をクリックするとプロフィールに飛びます)
-- 続きを読む --

(C) BROCCOLI/GungHo Online Entertainment,Inc./HEADLOCK Inc.
このページ内におけるECOから転載された全て のコンテンツの著作権につきましては、株式会社ブロッコリーとガンホー・オンライン・エンターテイメント株式会社および株式会社ヘッドロックに帰属します。
なお、当ページに掲載しているコンテンツの再利用(再転載・配布など)は、禁止しています。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。